乳酸菌で花粉症対策 ~アレルギーと免疫の関係~

ヨーグルトが花粉症にいいという話を聞いたことありませんか?花粉症の時期になると、積極的にヨーグルトを食べているという人もいるかもしれませんね。 ヨーグルトに含まれているのが乳酸菌です。この乳酸菌の働きが、花粉症に効果があると言われています。

どうして花粉症になるの?~花粉症になる原因~

花粉症に悩む方は多く、日本人では約25%が花粉症といわれています。花粉症というとスギのイメージがあるかもしれませんが、実は花粉症を引き起こす植物は約60種類もあるそうです。

花粉症になる人とならない人がいますが、その違いはいったい何なのでしょうか?

遺伝的にアレルギー体質かどうかによって大きく違ってきます。さらに、食生活や住環境、花粉にさらされる量の違いなどが影響するといわれています。

乳酸菌の花粉症への効果は?~アレルギーと免疫の関係~

花粉症もアレルギーのひとつと言えますが、その原因は免疫と関係し免疫バランスが崩れることで発症します。

免疫バランスというのは、ヒトの免疫システムのTh1とTh2という細胞のバランスのことです。これら2つがバランスを取りながら免疫をコントロールしています。

この免疫細胞のバランスが崩れTh2よりに傾くとアレルギーを発症するため、アレルギーの症状を緩和させるためには、Th1とTh2のバランスを整える必要があるのです。

実は、乳酸菌には免疫バランスを整える働きがあります。乳酸菌はアレルギー反応を促すTh2の働きを抑えたり、アレルギー反応を抑えるTh1の働きを強めたりすると言われています。

腸内環境改善と花粉症・免疫の関係

さらに、花粉症対策で乳酸菌が効果的だと言われる理由に、腸内環境を整える働きが関係します。腸には免疫に関する細胞の約6割が存在しているため、腸の免疫細胞が活性化することが免疫力を向上させることにつながるのです。
そして、免疫力の向上が花粉症対策にもなります。

どれくらい前から乳酸菌での花粉症対策を開始する?

花粉症が流行する時期や症状が出始める時期のどれくらい前から摂取を開始すると効果的なのかなど目安となる期間はあるのか気になるところです。

花粉症に効果的だという乳酸菌の研究結果を見ると、摂取期間は4週間や6週間、10週間、13週間など様々です。具体的な期間というのはないかもしれませんが、2~3ヶ月前には乳酸菌の摂取を始め、腸内環境を改善する準備をしたほうがいいと言えるでしょう。

最も理想的なのは、花粉の季節に関係なく毎日継続して摂取することかもしれません。乳酸菌で腸内環境を整えて体質改善することは、花粉症対策以外にもなりますね。

花粉症への効果が期待できる乳酸菌の種類はある?

研究結果などから、花粉症への効果が期待できる乳酸菌をご紹介します。

●フェカリス菌

★伊藤園のフェカリス菌の研究

フェカリス菌入りの飲料を毎日1本2ヶ月飲むことで、鼻かみ回数と眼のかゆみが改善する結果が認められています。また、鼻づまりや流涙では改善する傾向が確認されています。
伊藤園ニュースリリースより

★乳酸菌EC-12

フェカリス菌の代表的な菌株であるEC-12。
花粉症にかかっている人を対象に乳酸菌EC-12を摂取してもらったところ、発症の要因となるスギ花粉抗原特異的IgE抗体産生が抑えられることが確認されました。
第1回 日本食品免疫学会より

●ビフィズス菌BB536

森永乳業のヨーグルト「ビヒダス」に入っている乳酸菌です。
ビフィズス菌BB536をスギ花粉が飛び始める約1ヶ月前から13週間摂取したところ、花粉症の自覚症状が緩和する結果が認められています。ビフィズス菌BB536入りヨーグルトを用いた場合でも症状の改善が確認されています。

ビフィズス菌BB536による抗アレルギー作用のメカニズムは、菌自体が直接的に腸管粘膜を刺激する作用と、菌による整腸作用だと考えられています。これらの作用によって、体内の免疫バランスが改善されることで、花粉症の症状が緩和すると言えます。
森永乳業 ビフィズス菌研究所より ビフィズス菌BB536の抗アレルギー作用

●L-55乳酸菌

オハヨーのヨーグルトや飲むヨーグルトに配合されている乳酸菌です。
花粉症にかかっているような症状のあるモデルマウスにL-55乳酸菌を投与すると、鼻をかく、くしゃみをするという花粉症の症状が減り改善することが確認されています。さらに血清中の抗原特異的IgE抗体価を低下させる効果があることも分かっています。
オハヨー乳業 基礎研究室より L-55乳酸菌の花粉症の症状緩和について

●乳酸菌シロタ株

ヤクルトの乳酸菌飲料やヨーグルトに入っている乳酸菌です。
乳酸菌シロタ株入りの乳酸菌飲料を1日1本飲むことを8週間続けた試験の結果、花粉症の症状の改善は確認できませんでした。しかし、乳酸菌シロタ株が入っている飲料を飲んだ場合、乳酸菌シロタ株が入っていない飲料を飲んだ人たちと比べて症状がひどくなる時期などを遅らせることができました。
ヤクルト サイエンスレポートより プロバイオティクスの花粉症に対する効果

●L-92乳酸菌

カルピスの乳酸菌飲料「守る働く乳酸菌L-92」などに入っている乳酸菌です。
花粉の季節中にL-92乳酸菌を6週間摂取してもらった研究では、花粉症の症状が改善する結果が得られています。また、花粉飛散前の8週間の摂取で花粉症の症状が緩和し、予防効果も確認されています。
「カルピス」由来健康情報室より

●KW乳酸菌

キリンと小岩井乳業が共同研究を行い、小岩井「プラズマ乳酸菌ヨーグルトKW乳酸菌プラス」などに含まれている乳酸菌です。
アレルギーになると、免疫バランスはTh2寄りに傾いてしまいますが、KW乳酸菌にはTh2寄りに傾いてしまった免疫バランスを整える効果があることが分かっています。また、花粉症マウスがKW乳酸菌を摂取したところ、くしゃみやひっかき行動が抑制されたことが確認されています。
キリン 研究・技術開発成果より

ヨーグルトから乳酸菌を摂る場合に注意したいこと

乳酸菌を摂取することで、花粉症の症状が予防できたり改善したりする結果が出ている研究はいくつもありますが、ヨーグルトから乳酸菌を摂る際には、摂り方に注意しましょう。
なるべく多く乳酸菌を摂ろうと思って、一度にたくさんのヨーグルトを食べたりすると、余計な栄養素の摂りすぎになってしまいます。
糖分やカロリーなどの摂りすぎが気になる方には、サプリメントの活用もおすすめです。

★乳酸菌EC-12のおすすめ乳酸菌サプリメント

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!