乳酸菌で花粉症対策 ~アレルギーと免疫の関係~

つらい症状に悩まされる花粉症。
花粉症の時期になると、積極的にヨーグルトを食べている人がいます。これはヨーグルトには欠かせない乳酸菌の働きが花粉症に効果があると言われているからです。

花粉症になる原因

花粉症はアレルギーのひとつで、日本人では約25%が花粉症と言われています。スギのイメージがある花粉症ですが、実は花粉症を引き起こす植物は約60種類もあるそうです。

花粉症になるかは、遺伝的にアレルギー体質かどうかによって大きく違ってきます。さらに、食生活や住環境、花粉にさらされる量の違いなどが影響すると言われています。

花粉症のメカニズム

そもそも花粉は私たちに悪影響を及ぼす物質ではありません。
しかし、アレルギー素因を持つ人の体に花粉が入った時に、異物として認識されると、体は異物と反応する物質「抗体」(IgE抗体)を作り、再び花粉が侵入した際に排除しようとします。

つまり、くしゃみや鼻水、涙などの花粉症の症状は、花粉を体外に出そうとして現われているものなのです。

では、抗体が作られてすぐに花粉症を発症するかというと、それは違います。発症するまでにかかる期間は個人差があり、花粉を浴び続け抗体が一定量を超えた後、再び花粉が侵入すると花粉症を発症します。

免疫とアレルギーの関係

体に異物が入った時に、それを体外に排出しようとするのが免疫システムです。本来、体にとってプラスに働くはずの免疫が、無害な物質に対しても過剰に反応することでアレルギーは引き起こされます

ヒトの免疫システムはTh1とTh2という2つの細胞がコントロールしています。この2つの細胞は、どちらか一方が増えるともう一方は減る仕組みです。Th2はIgE抗体の生産を促す物質を生産するため、免疫バランスが崩れTh2よりに傾くとアレルギーを発症します。

乳酸菌は花粉症を予防・軽減するの?

アレルギーは免疫バランスの崩れによって起きるので、アレルギーの予防や症状緩和には免疫バランスを整えて正常化する必要があります。

乳酸菌はアレルギー反応を抑えるTh1の働きを活性化すると言われています。Th1が活性化すると、Th2の働きが抑制されるので、免疫バランスも整えられます

また、乳酸菌の腸内環境を整える働きも花粉症の予防や軽減に関係すると考えられます。腸には免疫に関する細胞の約6割が存在し、腸内細菌は免疫システムを活性化させます。免疫システムの活性化は、免疫力アップだけでなく、免疫バランスも調整するということ。

つまり、善玉菌が優性の整った腸内環境であれば、免疫システムが無害な物質に過剰に反応することはなく、正常に働くはずです。

どれくらい前から乳酸菌での花粉症対策を開始する?

乳酸菌は花粉症が流行する時期や症状が出始める時期のどれくらい前から摂取を開始すると効果的なのでしょうか。

乳酸菌が花粉症に効果的だという研究結果を見ると、摂取期間は4週間や6週間、10週間、13週間など様々です。これらの結果から、2~3ヶ月前には乳酸菌の摂取を始め、腸内環境を改善する準備をしたほうがいいと言えるでしょう。
最も理想的なのは、花粉の季節に関係なく毎日継続して摂取することかもしれません。乳酸菌で腸内環境を整えて体質改善することは、花粉症対策以外にもなります。

摂取量はどれくらい?

ある書籍では、腸内環境のバランスを整えて健康状態を増進させる目安として、ヨーグルトや乳酸菌飲料なら最低200ml以上の摂取を目安としています。

市販のヨーグルトや乳酸菌飲料には1mlあたり1,000万個以上の乳酸菌(または酵母菌)が含まれているので、200mlで20億個以上の菌を摂取できることになります。

しかし、この書籍では免疫機能の促進などに積極的に取り組みたい場合には、さらに多くの菌の摂取が求められる可能性が述べられています。

1兆個の乳酸菌が摂れる!

ヨーグルトから乳酸菌を摂る場合に注意したいこと

ヨーグルトから乳酸菌を摂取する場合には、どんなヨーグルトから摂取するかに注意してください。最低でも200ml以上のヨーグルトを摂取したいので、無糖・無脂肪のプレーンヨーグルトを選ぶようにしましょう。
糖分の多いヨーグルトの摂りすぎは血糖値が上がる可能性があります。また、無糖ヨーグルトにも脂肪分は含まれるので、過剰に摂取すると高コレステロールになる可能性が高まります。
乳酸菌以外の成分の摂り過ぎが心配な方はサプリメントの利用を検討してもいいでしょう。

花粉症への効果が期待できる乳酸菌の種類はある?

研究結果などから、花粉症への効果が期待できる乳酸菌をご紹介します。

●フェカリス菌

★伊藤園のフェカリス菌の研究

フェカリス菌入りの飲料を毎日1本2ヶ月飲むことで、鼻かみ回数と眼のかゆみが改善する結果が認められています。また、鼻づまりや流涙では改善する傾向が確認されています。
伊藤園ニュースリリースより

★乳酸菌EC-12

フェカリス菌の代表的な菌株であるEC-12。
花粉症にかかっている人を対象に乳酸菌EC-12を摂取してもらったところ、発症の要因となるスギ花粉抗原特異的IgE抗体産生が抑えられることが確認されました。
第1回 日本食品免疫学会より

●ビフィズス菌BB536

森永乳業のヨーグルト「ビヒダス」に入っている乳酸菌です。
ビフィズス菌BB536をスギ花粉が飛び始める約1ヶ月前から13週間摂取したところ、花粉症の自覚症状が緩和する結果が認められています。ビフィズス菌BB536入りヨーグルトを用いた場合でも症状の改善が確認されています。

ビフィズス菌BB536による抗アレルギー作用のメカニズムは、菌自体が直接的に腸管粘膜を刺激する作用と、菌による整腸作用だと考えられています。これらの作用によって、体内の免疫バランスが改善されることで、花粉症の症状が緩和すると言えます。
森永乳業 ビフィズス菌研究所より ビフィズス菌BB536の抗アレルギー作用

●L-55乳酸菌

オハヨーのヨーグルトや飲むヨーグルトに配合されている乳酸菌です。
花粉症にかかっているような症状のあるモデルマウスにL-55乳酸菌を投与すると、鼻をかく、くしゃみをするという花粉症の症状が減り改善することが確認されています。さらに血清中の抗原特異的IgE抗体価を低下させる効果があることも分かっています。
オハヨー乳業 基礎研究室より L-55乳酸菌の花粉症の症状緩和について

●乳酸菌シロタ株

ヤクルトの乳酸菌飲料やヨーグルトに入っている乳酸菌です。
乳酸菌シロタ株入りの乳酸菌飲料を1日1本飲むことを8週間続けた試験の結果、花粉症の症状の改善は確認できませんでした。しかし、乳酸菌シロタ株が入っている飲料を飲んだ場合、乳酸菌シロタ株が入っていない飲料を飲んだ人たちと比べて症状がひどくなる時期などを遅らせることができました。
ヤクルト サイエンスレポートより プロバイオティクスの花粉症に対する効果

●L-92乳酸菌

カルピスの乳酸菌飲料「守る働く乳酸菌L-92」などに入っている乳酸菌です。
花粉の季節中にL-92乳酸菌を6週間摂取してもらった研究では、花粉症の症状が改善する結果が得られています。また、花粉飛散前の8週間の摂取で花粉症の症状が緩和し、予防効果も確認されています。
「カルピス」由来健康情報室より

●KW乳酸菌

キリンと小岩井乳業が共同研究を行い、小岩井「プラズマ乳酸菌ヨーグルトKW乳酸菌プラス」などに含まれている乳酸菌です。
アレルギーになると、免疫バランスはTh2寄りに傾いてしまいますが、KW乳酸菌にはTh2寄りに傾いてしまった免疫バランスを整える効果があることが分かっています。また、花粉症マウスがKW乳酸菌を摂取したところ、くしゃみやひっかき行動が抑制されたことが確認されています。
キリン 研究・技術開発成果より

★乳酸菌EC-12のおすすめ乳酸菌サプリメント