乳酸菌とビフィズス菌の違いと特徴~どっちを摂る?~

乳酸菌とともに善玉菌の代表といえるビフィズス菌は乳酸菌の仲間として考えられることもありますが、菌の性質を考えると全く違うものだと言えます。
性質に違いがあるならどっちを摂ればいいのでしょうか。
また、働きや効果にも違いがあるのか、詳しく解説していきます。

乳酸菌とビフィズス菌の違いを比較

乳酸菌とは、「乳酸菌」という細菌があるわけではなく、糖を分解して50%以上の乳酸をつくる菌の総称です。ビフィズス菌も乳酸菌と同じように糖から乳酸をつくりますが、それ以上に酢酸をつくり出します。そのため、乳酸菌には分類されません

乳酸菌とビフィズス菌の違いが分かりやすいように表にまとめます。

【乳酸菌とビフィズス菌の違い比較表】

  善玉菌
乳酸菌 ビフィズス菌
菌の数 1億~1,000億個
(善玉菌の0.1%以下)
1兆~10兆個
(善玉菌の99.9%)
菌の生息場所 人や動物の腸内
牛乳や乳製品
漬け物などの発酵食品
主に人や動物の腸内
酸素に対する性質 通性嫌気性
(酸素があっても生息できる)
偏性嫌気性
(酸素があると生息できない)
菌が作るもの 乳酸 乳酸+酢酸
(ビタミンB群、葉酸も)
菌の形 球状や棒状 Y字やV字型に分岐

それでは、それぞれの違いについて見ていきましょう。

善玉菌の99.9%はビフィズス菌

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌であることはよく知られていると思います。しかし、その数に大きな差があることを知っていますか?

私たち人間の腸の中にすむ善玉菌の99.9%はビフィズス菌が占めています。乳酸菌が占める割合は0.1%以下なのです。腸内のビフィズス菌は1兆~10兆個あり、乳酸菌は1億~1,000億個あると言われています。

実に、ビフィズス菌は乳酸菌の100倍~1万倍もの数が腸内にすんでいることになります。こんなにも人間の腸内にいる数に違いがあるのです。

乳酸菌がいるのは腸内とは限らない

ビフィズス菌がすんでいる場所は主に人や動物の腸内ですが、乳酸菌がすんでいる場所は人や動物の腸内に限りません。

牛乳、ヨーグルトやチーズといった乳製品にもいますし(動物性乳酸菌)、漬物や味噌、醤油などの発酵食品にもいます(植物性乳酸菌)。
同じものだと思われることも多い両者ですが、生息している場所にも違いがあるんですね。

酸素があっても生きられるのが乳酸菌(通性嫌気性)

生息している場所の違いにも関係する特徴が、酸素の有無によって生きていけるかどうかの違いです。

ビフィズス菌は偏性嫌気性で酸素があると生息できないという性質があります。そのため、酸素が少ない人や動物の腸内ではビフィズス菌が優性となります。
しかし、乳酸菌は通性嫌気性で酸素があっても生息可能なので、人や動物の腸内だけでなく乳製品や発酵食品など生息場所が広くなります。

また、両方とも人や動物の腸内に生息していますが、ビフィズス菌は酸素がほぼない大腸にすみ、乳酸菌は酸素が存在しやすい小腸に多くすんでいます。

乳酸菌とビフィズス菌の形

乳酸菌は形の違いで球状と棒状の2種類に分類できます。球状のものは「乳酸菌球菌」で、棒状のものは「乳酸桿菌」と呼ばれます。
これに対して、ビフィズス菌はY字やV字に分岐した特徴的な形をしています。

腸内のビフィズス菌の種類は?その働きは?

ビフィズス菌が乳酸とともにつくり出す酢酸には強い殺菌能力があります。この殺菌能力が悪玉菌の繁殖を防ぎ腸内環境を整えます。

ひとくちにビフィズス菌といっても現在その種類は32種類もあります。また、動物にすむものと人間にすむものでは菌の種類が違い、人間の体内にすむビフィズス菌は7~8種類と言われています。人それぞれ腸内環境が違うため、腸内にすんでいるビフィズス菌の種類や数はひとりひとり違いますが、ひとりの便から出てくるビフィズス菌は2~4種類だそうです。

どっちを摂るといいの?同時に摂って大丈夫?

乳酸菌とビフィズス菌の違いについて見てきましたが、違いが分かると「どっちを摂ったらいいの?」、「同時に2つを摂ってもいいの?」という疑問が浮かびます。

では、どちらを摂ったらいいのでしょうか。
どちらも善玉菌で腸の健康には欠かせない存在と言えます。ビフィズス菌はビタミンB群や葉酸も作り出すことができますし、乳酸菌はビフィズス菌のエサになることもできます。どちらかひとつの摂取を考えるなら、試してみて相性のいい方を選ぶのでいいでしょう。

次に、乳酸菌とビフィズス菌を同時に摂ってもいいのかという疑問ですが、結論から言うと、乳酸菌とビフィズス菌を同時に摂っても問題はありません
乳酸菌はビフィズス菌のサポート役と言われ、ビフィズス菌がすみやすい環境を整える働きがあります。

ビフィズス菌は偏性嫌気性のため酸素を嫌いますが、酸素に触れている乳製品の中で死んでしまうわけではありません。
例えば、ヨーグルトの場合、酸素があっても発酵する乳酸菌がビフィズス菌と一緒に入っていることがあります。この乳酸菌が発酵することで、原料である牛乳の中を酸素のない状態に近づけて、ビフィズス菌が発酵するのに適している状態にするのです。

また、サプリメントでも乳酸菌とビフィズス菌の両方を配合しているものもあります。乳酸菌とビフィズス菌はどちらも腸の健康のためには摂取したいものですので、1つで両方が摂れるのは助かりますね。

★乳酸菌もビフィズス菌も摂れるサプリメントはコレ!

乳酸菌記事

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌の種類

乳酸菌の効果的な摂取方法

『美容』も気になる方へ

食物アレルギーが気になる方へ

乳酸菌の効果は本当?

乳酸菌が入った食品

もっと乳酸菌について知りたい!