乳酸菌とビフィズス菌どっちを摂る?効果の違いや同時摂取は?

腸内環境を整えることで得られる健康効果が注目されている乳酸菌とビフィズス菌。両方とも腸内で有用な働きをする善玉菌ですが、効果に違いはないのでしょうか?
乳酸菌とビフィズス菌はどっちを摂った方がいいのか、違いや効果、摂取法について解説します。

ビフィズス菌と乳酸菌、どっちがいいの?

ビフィズス菌は酢酸のより強い殺菌力で悪玉菌の増殖を抑え、ビタミンB群や葉酸も作りますし、乳酸菌はビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌がすみやすい環境を整える働きもあります。

どちらも腸内環境を整えるのに効果的です。
人それぞれ腸内環境は違うので、どちらがその人に合っているかは試してみないと分かりません

試してみて相性がいいか判断するしかありませんが、その判断基準となるのが便。
臭いがきつくないバナナ型の便で、排便の際に、いきまなくてもスルッと出るのが理想です。

乳酸菌とビフィズス菌のどっちを選ぶか、2つの違いを知りましょう。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも糖を分解して乳酸菌を作ります。
しかし、糖を分解して50%以上の乳酸を作る菌の総称が乳酸菌なので、ビフィズス菌はこれに分類されません。

大きな違いは、腸内にすんでいる数と、ビフィズス菌は乳酸以上に酢酸を作ること。

【乳酸菌とビフィズス菌の違い比較表】

  善玉菌
乳酸菌 ビフィズス菌
菌の数 1億~1,000億個
(善玉菌の0.1%以下)
1兆~10兆個
(善玉菌の99.9%)
菌の生息場所 人や動物の腸内
牛乳や乳製品
漬け物などの発酵食品
主に人や動物の腸内
酸素に対する性質 通性嫌気性
(酸素があっても生息できる)
偏性嫌気性
(酸素があると生息できない)
菌が作るもの 乳酸 乳酸+酢酸
(ビタミンB群、葉酸も)
菌の形 球状や棒状 Y字やV字型に分岐

効果に違いはあるの?

乳酸菌もビフィズス菌も酸性の物質を作り、腸内を酸性にします。
腸内環境が酸性になると、酸が嫌いな悪玉菌の繁殖を抑えることができます。

特にビフィズス菌は乳酸だけでなく、強い殺菌力のある酢酸を作り悪玉菌が繁殖しにくい腸内環境にします。
乳酸菌は酢酸を作りませんが、乳酸菌自体がビフィズス菌のエサとなります。

腸内でどのように働くかに少し違いがあると言えますが、どちらも悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を善玉菌が優勢の状態に保つのに役立ちます。

腸内環境が整うと整腸作用だけでなく、免疫バランスも整うので免疫力の向上、花粉症やアトピーなどアレルギー症状の緩和、インフルエンザの予防などの効果が期待できる研究報告がされています。

乳酸菌の効果はこちら>>

便秘には乳酸菌とビフィズス菌どっち?

腸内の善玉菌のほとんどはビフィズス菌で、ビフィズス菌は酸素があると生きられない性質のため、腸内で酸素がほぼない大腸にすんでいます。

これに対し、腸内の乳酸菌の数はごくわずかで、善玉菌の0.1%以下。乳酸菌は酸素がある環境でも生きられるため、酸素が存在しやすい小腸に多くすんでいます。

便を作る働きがあるのは大腸。
そのため便秘の場合には、大腸に多くすんでいるビフィズス菌を摂った方が効果的だと言われることがあります。

腸内フローラを良好にし、便通を改善【ビフィズス菌100億個配合】

同時に摂ってもいいの?

乳酸菌とビフィズス菌を同時に摂取しても問題はありません
ヨーグルトやサプリでも乳酸菌とビフィズス菌の両方が入っている商品が販売されています。

乳酸菌はビフィズス菌のサポート役と言われ、ビフィズス菌がすみやすい環境を作ります。

乳酸菌・ビフィズス菌と一緒にラクトフェリンまで!

ラクトフェリンにはビフィズス菌を増やす働きや悪玉菌を抑制する働きがあります。
熱に弱いため高温殺菌される市販の牛乳などの食品からは摂取が難しい成分で、サプリからの摂取がおすすめ。
「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」は、子どもでも飲めるシンプルな原材料も魅力!

善玉菌のエサ!オリゴ糖や食物繊維と一緒に

ビフィズス菌や乳酸菌と一緒に摂るといいと言われるのがオリゴ糖と食物繊維。

オリゴ糖や食物繊維は消化されずに腸まで届き、善玉菌のエサとなります。
腸内に元からいるビフィズス菌や乳酸菌を増やすには、オリゴ糖や食物繊維も摂るのが有効です。

ビフィズス菌と一緒にエサも摂れる

乳酸菌・ビフィズス菌は量を摂るのが大事!サプリの活用

腸内環境を整えるには、ビフィズス菌でも乳酸菌でも、一定量の菌数を継続して摂取することが大事です。

なぜなら外から摂取したビフィズス菌や乳酸菌が、腸内に定着することはないと言われているから。

乳酸菌やビフィズス菌を継続的に多く摂取するのに向いているのがサプリです。
ヨーグルトや乳酸菌飲料からも摂取できますが、これらには脂質や糖分が多く含まれます。そのため、より多くの菌を摂るために食べる量を安易に増やすのは注意が必要です。

その点サプリは、脂質や糖分を気にする必要もなく、毎日安定した量のビフィズス菌や乳酸菌を摂取することができます。無理せず同じ菌を同じ量だけ継続して摂取できるので、自分との相性を判断するにも分かりやすいでしょう。