摂るならどっち?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い

糖類を分解して多量の乳酸を作り出す細菌を乳酸菌と呼びますが、乳酸菌には「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」の2種類があります。では、その違いを見ていきましょう。

乳酸菌選びの参考に!違いを比較

【植物性乳酸菌】

ブドウ糖や果糖などをエサにしているのが植物性乳酸菌です。漬物や味噌、キムチなどに多く含まれ、よく知られているものとして京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けから発見されたラブレ菌などがあります。

  • 野菜や豆、米や麦などの植物素材を発酵させる乳酸菌
  • 食品例:漬物、味噌、醤油、酒、キムチ、ピクルスなど
  • 植物性乳酸菌の例:ラブレ菌、L.プランタルム、T.ハロフイルス、P.ペントサセウス
  • エサとなるもの:ブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖など
  • 特徴:熱や酸に強い。胃酸や胆汁で分解されることなく生きたまま腸まで届く。

【動物性乳酸菌】

動物性乳酸菌は、牛や山羊の乳に含まれる乳糖をエサにします。食品では、ヨーグルトやチーズなどに含まれています。動物性乳酸菌には、ヨーグルトの種菌となるブルガリア菌などがあります。

  • 発酵した「乳」に生育する乳酸菌
  • 食品例:ヨーグルト、チーズ、飲むヨーグルト、乳酸菌飲料など
  • 動物性乳酸菌の例:ブルガリア菌
  • エサとなるもの:牛や山羊の乳に含まれる乳糖
  • 特徴:熱や酸に弱い。植物性乳酸菌のエサになる。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌どっちがいいの?

このように、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌では、生息している場所や栄養源となるものに違いがあることが分かります。では、どちらの乳酸菌がいいのでしょうか。結論は、どちらとも言えません。例えば、動物性乳酸菌のR-1乳酸菌はインフルエンザに効果的な可能性がある研究結果があったり、植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届くという特徴があったりと、どちらにも特徴があり「こっちの方がいい」とは言えないのです。乳酸菌は一度にたくさん摂れば効果がすぐに出るというものではないため、ライフスタイルに合ったものを選び継続して摂ることが大切です。植物性か動物性かということが重要ではないのです。しかし近年、植物性乳酸菌の研究が進み注目されつつあります。